Tag Archives: AudioBus

Peter Vogel CMI / CMI ProがAudioBusに対応 – iPadで動く80年代の初期サンプリング機Fairlight CMIアプリ

僕が時々iPadで使っているFairlight CMIのサウンドを実現するアプリPeter Vogel CMIがアップデートし、AudioBus対応になった。僕も愛用しているアプリで良いきっかけだから、紹介記事を書くことにする。 Advertisements

Steinberg CubasisがAudioBusに対応したので、iPadでの音楽作りが楽しくなりそう #DTM

ちょっと前に話題にしたiPad用のDAW – Steinberg Cubasisが、つい最近アップデートされてAudioBusに対応になったという話を読んで、すぐにアプリをアップデートし、使って見ることにした [参照: Steinberg Cubasis for iPad の嬉しいアップデート:Audiobusに対応] その後実際に試してみたので、ちょっと紹介。 Cubasisをアップデートし、AudioBusのOutput側に設置、試しにAnimoogをInputにしてそのサウンドを録音。これが出来るようになると、楽器アプリの音をどんどんCubasisに集めて活用できるようになるので夢が拡がる(笑)

音声ファイル便利アプリ AudioShare – iOSデバイスでAudioBusやAudioCopy、DropBoxなどで音声ファイルを相互にやりとりできるようになる

AudioBusというアプリを手に入れた。 キッカケはAudioBusを使って録音し、その音声ファイルをDropboxに保存するというようなコトができないか?と調べたら出てきたから。このAudioShareは、AudioBusはもちろん、AudioCopy/AudioPaste (SONOMAとGeneralの2つに対応)、OpenInでDropBoxなどに音声を保存したり、逆にDropboxから音声を開いたりできる。言ってみれば、iOSでファイルが無いことから若干カオス気味になっている音声の互換性やら共有のやりとりやらはこのAudioShareを使えば大抵どうにかなるというコト。 また、AudioShareでは音声をファイルとしてフォルダで管理できるので、とりあえず音声を作ったら、AudioShareに入れておくという管理ツールとして使うのもアリな感じ。