Category Hard Synth

Musikmesse 2013のモバシン的まとめ〜シンセ関連、豊作でした!

ドイツのMusikmesse 2013も落ち着いたところで、今回ネット経由で見聞きした内容を本ブログ的にまとめた。もちろん、ピックは個人的な関心や現在欲しいモノに相当左右されている(笑)それでは5つ。ちなみに順番は書きたくなった順なので、ランキングというワケではなかったり。 Advertisements

バーチャルアナログの老舗Claviaから新Nord Lead 4がアナウンス #nordlead4

以前にClaviaから以下のように予告されていた新シンセ、Nord Lead 4が発表されたので、その情報をポストすることに。 We haven’t forgotten our synthesizer roots… Stay tuned for Musikmesse Frankfurt 私たちは自分たちのシンセのルーツを忘れていません。Musikmesse フランクフルトにご期待ください。 すでにNordLead4.comでは実機のデモサウンドもすでに掲載されている。 [追記]SoundCloudで配信されているNord Lead 4のデモサウンドを本記事にも貼込みました。

Waldorf製の新シンセRocket登場、果たしてPulse 2の立場は?

常々大丈夫か?と心配されるWaldorfから新しいシンセRocketが登場し、2013年の3月末に$244で発売されるという話。詳しくはicon.jpの記事などを参照。 さて、実は2012年のNAMMで発表されていたアナログ・シンセWaldorf Pulse 2がリリースが伸びのびになって2013年春に発売開始とされていたのだけど、こちらは一体どうなったんだろうか…。

Dave Smithが語るデジタル/アナログハイブリッドシンセ Prophet 12について

SonicState.comのWinter NAMM 2013 Dave Smith “Prophet 12″インタビュー動画 アクセス解析を見ると、多くの方が”Prophet 12″という単語で検索してNAMM 2013のProphet 12記事を目当てに、弱小の本ブログに来ているようだ。それだけ情報が少ないということかな。そこでYouTubeに上がっているProphet 12開発者 Dave Smith氏のインタビュー動画から、Prophet 12の特に出音に関係する部分を(なんとか)聴きとって、「超適当翻訳」してまとめた文章を掲載する。尚、インタビューアーとの話の関係で話題が前後することもあったから動画の時系列と、文章の順序は全然違うので、よろしく(汗)

Prophet 12という強烈なシンセがDave Smith Instrumentsから出るらしい

NAMM2013でDave Smith InstrumentsがProphet 12という新しいシンセを発表したとか。(宮地楽器のブログを眺めていたら知った) まぁ欲しいけど、結構高価(米国販売価格で$2,999予定)買っても同機の実力を発揮する自信が僕にまるで無いので、遠巻きに眺めるだけというコトで。以下話のネタ。 YouTubeに上がっているデモを聴いただけでも、良さげな感じが漂ってくる。12音ポリで、各ボイスごとに伝統的な波形から複雑な波形まで出せる4オシレーター、サブオシレーター、フィードバックの他にディストーション機能あり、フィルターとVCAはアナログだとか。オシレータは何なんだろう? 後、CharactorセクションというモノでDriveとかHack、Decimation、Grith、Airという謎なパラメーターで音のキャラを変えられるという説明。