調声に悩む前にこの本がほしかった 〜虹原ぺぺろん「ボーカロイド公式 調教完全テクニック」

vocaloid-book

自作曲の歌パートをボーカロイドに歌わせたい場合、単純に打ち込みする(ベタ打ちする)と機械っぽい感じになってしまい、曲によっては「もうちょっと自然にならないか?」と思ってしまう。

どうやれば良いのかを探して、ブログなど検索する、ニコ動のめぼしいボカロ調教講座動画を見るなどはするのだけど、まとまった情報というのはなかなか見当たらなず、結局「習うより慣れろ」的な結論になってしまうのかなと思っていた。そんなところに、調声技術が高いボカロPとして評判の虹原ぺぺろん氏による書籍「ボーカロイド公式 調教完全テクニック」がでたので、早速本を手に入れてみた。

書籍の中身

この本は第1章【歌声ライブラリ】ボーカロイドのキャラクター、第2章【基本編】コントロールパラメーターの機能、第3章【応用編】少し踏み込んだ調教法、第4章【発展編】マニアックな調教法、第5章【番外編】外部ソフトを使用したテクニックで構成されており、付属のCD-ROMには本文で紹介されたテクニックの音声とVSQX、その他に楽曲のオケデータやVSQXなどが含まれている。

Vocaloidの利用法として第2章〜4章が一番のメイン。慣れた人だと3〜4章かもだけど、僕のようにちょっとVocaloid Editorを使った経験のある程度の場合、第2章の各パラメータについての説明も目を通しておいた方が良いかも。マニュアルや他の書籍で説明不足だったり、じゃどんな時にどのパラメータを上げる or 下げるの?という点についての説明がちゃんとされている。
尚、第5章の“外部ソフト”とはDAWやDAWプラグインについてが中心。

自然に歌わせるポイントを押さえる

本で紹介されているテクニックに関して、すごく誤解を恐れずに言えば「最初は拍子抜けした」りもした。このくらいで自然になるのかな…?と。
例えばネットで公開されている“調声がスゴい”と言われ公開されているVSQXファイル(Vocaloid Editorのファイル)の中を見ると、超絶な設定がされており「到底真似できない」と感じてしまったことも。当初はそんな感じの超絶テクニック解説になるのかな?とドキドキしていたりも。
[参照] 【結月ゆかり】名前のない怪物を歌ってもらった【PSYCHO-PASS】

超絶な調声のタカオカミズキさんによる「名前のない怪物を歌ってもらった」のVSQXファイル…これはさすがに真似できない。

タカオカミズキさんの超絶な調声テクニックによる「名前のない怪物を歌ってもらった」のVSQXファイル…これはさすがに真似できない。ちょっとVOCALOIDは自分には無理かも(汗)という気になってしまう。

実際に書籍を読んでいくと、ひとつひとつのポイントは結構なるほど〜と感じさせられ、それほど強烈なテクニックでは無いように感じる。
それでも紹介されているようなシンプルなテクニックを一つ一つ組み合わせていくと、かなりボーカロイドの歌声が自然な感じになっていくのにびっくり。コツというかポイントを押さえるというか、そういうコトなんだねぇと思わさせられる。例えば、音符の分割の仕方だったり、複数トラックを使って子音を強調するやり方等々。
CD-ROMには調声無しのVSQXと調声後のVSQXファイルが入っており、中身を見る事で「そういう感じで本に書いてあるようなテクニックを使っていくのか」と勉強になる。Vocaloid Editorの前で試しながらいろいろと知っていくと効果的。超絶調声まではいかなくても、自分の曲をボーカロイドに自然に歌わせたいなら読んでいて損は無いと思う。

ちなみに、自分の作成したVSQXを見ると、いろいろと自然に歌わせられるように試行錯誤の痕跡はあるのだけど、時にはうまくいき、時には意図したとおりになっていなかったり(苦笑 Vocaloid Editorに本格的に着手する前に、この本を手に入れていたら、多分もっと効率的だったのだろうなと思ってしまう。

本書付属CD内の付録「01_Goodbye_and_Goodbye_bpm138」VSQXファイルをVocaloid Editorで開いてみた。もう少しシンプルな構造だけど、それでも自然にボーカロイドを歌わせている。

本書付属CD内の付録「01_Goodbye_and_Goodbye_bpm138」VSQXファイルをVocaloid Editorで開いてみた。もう少しシンプルな構造だけど、それでも自然にボーカロイドを歌わせている。

ボカロをこれから始める人はもとより、使い方にちょっと慣れている人にもおすすめ

そんなことから、これからボーカロイドを始めようという人にはこの本が一番おすすめだし、僕のように少しは使い方に慣れた程度のユーザーでも考えていなかった or 見落としていた箇所を気づかせてくれる。また、調教のための良い情報をネットでいろいろと探しまくる時間を考えると、この書籍を手に入れるのが相当な時間短縮になると思う。
これからボーカロイドをちゃんと歌わせてみたいと(けどイマイチうまくいっていないと)思う人はこの書籍をぜひチェックしてみて。


Amazon広告
ボーカロイド公式 調教完全テクニック [単行本]

虹原ぺぺろん (著)

より人間らしい歌声にする方法! 超人気ボカロP、ぺぺろんP(虹原ぺぺろん)が教える、ボーカロイド“調教”本! 活舌をよくする、裏声にする、ささやくような歌声にするなど、人間らしい声にするためのさまざまなテクニックを完全公開。最新のボーカロイド3に対応した、唯一の“調教”本。付属CD-ROMにはwavデータとvsqxデータを収載。ぺぺろんPによる、データ付きオリジナル曲も3曲収録! プロが作る音やデータを聴きながら学べる実践的な調教本。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: