使用機材紹介: SHURE SE425 – 素直なサウンドがスゴく素晴らしいカナル型イヤホン

制作活動にも利用しているカナル型イヤホンSHURE SE425

制作活動にも利用しているカナル型イヤホンSHURE SE425

メインで利用しているヘッドフォンというか、イヤホンを紹介…現在一番利用頻度が高いのはSHURE SE425というカナル型のモノ。結論から先に言ってしまえば、中音域重視で音がナチュラルな雰囲気でバランスが良いこと、そして装着感もかなり良好…とスゴく気に入っており、手放せないイヤホン。何か20,000円くらいでイヤホンのお勧めは?といわれたらまず最初に挙げる。

僕は一般的なカタチのヘッドホンを長時間使用していると、どうにも耳が痛くなってしまうタチなようで、音楽を単に聴いたり、耳コピしたり、特にシビアにDTM…というわけでなく演奏するときなどは大抵このイヤホンを使っている。ちなみに、他に使っているヘッドフォンは「定番」とも言えるSONY MDR-CD900ST

以前はEtymotic Research ER-4Pを使っていたが、同機の持つ高域がキレイでキラキラしているような「高解像度感」よりも、使っていて疲れない、「フラット」感のある中域重視の音質なものが欲しいことが入手の理由。予算範囲のいくつかのモデルを試聴して、結果としてSE425に決めた。

SHURE SE425にはいくつかの異なった種類のイヤーパッドが付属し、それぞれで音や装着感も異なる。僕は前述のER-4Pでトリプルフランジというキノコの傘が3つ重なったような形状のイヤーパッドに慣れていたこともあり、結局トリプルフランジ型イヤーパッドを利用している。

このイヤーパッドは耳の形などによって好みがかなり大きく別れるのだけど、僕は全然違和感を感じなかった。
遮音性が高いので、外からのノイズなども聞こえにくく、音楽に集中できる点も気に入っているポイント。

[参照リンク]

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: