iConnectMIDI4+ – 柔軟なUSB MIDI機能に加え、USBを使ってオーディオもiOS〜パソコンで送受信できる新技術Audio Path-Troughが良さそう!

USB経由でiOS機器とMac等でオーディオ信号+MIDIを送受信できるイケてるデバイス

USB経由でiOS機器とMac等でオーディオ信号+MIDIを送受信できるイケてるデバイス

NAMM 2013のニュースを読み返して、すっかり見逃していた「これは欲しい」と思える機器があったので、ポスト。その「欲しい」と思った機器とは、iConnectivityという会社が発表したiConnectMIDI4+という製品で、目玉機能はAudioPass-Throughという技術。これを使うことでiOSの音声をデジタルのままUSB経由でMacやPCに送ることができるというモノ。

例えばLogicで打ち込んだMIDIデータでiPadのAnimoogを演奏させ、そのデジタル音声をそのままLogic Proで録音したい…と思っても、一度オーディオインターフェイスを通すか、AudioCopyやらDropboxを経由…という形の面倒な手段を取る必要があったが、どうやらコレを使えばiPadとMacをUSBで繋ぐだけで、デジタルの録音が実現できるようだ。

■USBによるMIDIとオーディオのやりとり…要はこういうコト

iConnectMIDI+を間に、MacとiPadを繋ぐだけで、MIDIとデジタルオーディオのやりとりができてしまう。

iConnectMIDI+を間に、MacとiPadを繋ぐだけで、MIDIとデジタルオーディオのやりとりができてしまう。

僕の理解しているところでは、上図のようなUSBによるシンプルな接続をするだけで、iPad/Mac間のMIDIとオーディオのやりとりができてしまうということ。(多分Logic Proのオーディオ入力でiConnectMIDI4+を選ぶことになるのかな?) Logic ProのMIDIトラックでシンセを鳴らしていて、「やっぱりiPadアプリのシンセの方にしたい」と思って、サクっと切り替えられるならかなりの自由度になるだろう。
ちなみに、気になるのはiPad/Mac間のレーテンシーだけど、RockOnの記事によればAudio IOとして最小バッファーサイズは現在のところ128sampleですが、間もなくバージョンアップで64sampleまで短縮する事が出来る予定だとの事。iOSとMacをわずか1msで繋ぐ夢のソリューション誕生の日はすぐそこです。だそうなので、ちゃんと実現出来れば、かなり良い感じ。
ちなみに、僕がMacユーザーなので、上図のPC部はMacにしているけど、それがWindows PCでも同じ事になるようで。ちなみにUSB経由でオーディオをやりとりできるAudio Path Through技術に関し、元のサイトでは以下のように言っている。

iConnectMIDI4+ also features Audio Pass-through. This patent pending technology is integral to using iOS, and multiple computing devices (PC, MAC, iOS) in a professional environment by enabling the devices to pass not only MIDI data but also audio data from device to device.

僕がやりたいのは上図のコトなのだけど、もちろんPCとMacのUSBでのMIDIとオーディオの接続というのもアリだろうし、単に2つではなく、コレにさらにUSB MIDIコントローラー各種なども繋げてシステムアップできるので、かなり便利に扱えそうな印象を持つ。

■元々は多機能なUSB MIDIパッチベイ的製品

iConnectMIDI4+にかなりの興味を持って検索してみると、元々はUSB MIDIを様々な形で繋げるためのパッチベイ的製品であったようだ。[参照:USB時代のMIDIパッチベイ機材、iConnectMIDI] HUBを使って最大8つのUSB MIDI機器を1台に繋げることが出来る仕様だったらしい。今回のニューモデルのiConnectMIDI4+はUSBに加えて4ペアのDIN型MIDI端子も用意されているので、合計12のMIDI機器が使用可能というコト…十分すぎるスペックだねぇ。

[旧モデルiConnectMIDIに関する参考リンク]

■機能が少なくていいなら下位モデルiConnectMIDI2+もある

シンプルに使うなら、下位モデルのiConnectMID2+を選んでもAudio Path Through技術を使える。

シンプルに使うなら、下位モデルのiConnectMID2+を選んでもAudio Path Through技術を使える。

今回のiConnectMIDI4+はAudio Pathh-Through技術に加え、MIDIをEternet経由で利用するMIDI over Ethernetなどかなり盛りだくさん…価格は$249.99だそうなので、全然手が届く範囲。ただ、そんなにUSB MIDI機器の数は無く、シンプルにパソコンDAWとiPadを繋ぐAudio Path Throughを使いたい…という場合には下位モデルのiConnectMIDI2+(価格約$100)を選択するという手もあるようだ。
この場合はPC用USB、iOS/PC用USBのAudio Path Through対応2つのUSB端子とDIN MIDI端子2系統の4系統MIDIなので、多くのUSB MIDI機器を切り替えて一緒に使うパッチベイ的な機能は少なくなるような雰囲気)

■まとめ

いろいろと記事を読んだだけでも、僕のようにiOS用アプリとMac(Windows)DAWを活用している場合には、かなり使いでがありそうで、待ちに待ったデバイスではないだろうか?…というか、正直、入手できるようなったら間違いなく「買う」の決定なデバイスだね、これは。

[iConnectMIDI4+参照リンク]

Advertisements

One comment

  1. […] ちなみに僕がiPadで愛用中のMoog純正シンセアプリAnimoogの方は、今回のiMiniとは違ってビンテージサウンドを出すというより、デジタルならではのちょっと攻撃的なサウンドが得意。こちらもスゴく良い音源アプリとして有名だねぇ(AudioBusにも対応済み) 今後iConnectMIDI+とかを導入するようになったら、安価なiPad音源をMacのLogicからMIDIでコントロールし、そのサウンドをUSB経由でLogicで録音するというようなコトもできそう。利用頻度が高くない場合には、そっちの方がコストパフォーマンスは高いかも…。 […]

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: