Prophet 12という強烈なシンセがDave Smith Instrumentsから出るらしい

prophet12

NAMM2013でDave Smith InstrumentsがProphet 12という新しいシンセを発表したとか。(宮地楽器のブログを眺めていたら知った) まぁ欲しいけど、結構高価(米国販売価格で$2,999予定)買っても同機の実力を発揮する自信が僕にまるで無いので、遠巻きに眺めるだけというコトで。以下話のネタ。

YouTubeに上がっているデモを聴いただけでも、良さげな感じが漂ってくる。12音ポリで、各ボイスごとに伝統的な波形から複雑な波形まで出せる4オシレーター、サブオシレーター、フィードバックの他にディストーション機能あり、フィルターとVCAはアナログだとか。オシレータは何なんだろう? 後、CharactorセクションというモノでDriveとかHack、Decimation、Grith、Airという謎なパラメーターで音のキャラを変えられるという説明。

Dave Smith Instrumentsが公開しているProphet 12の動画

Prophet ’08ではパネルの上にあったモジュレーションやピッチベンドはキーボード横に配置。Templestと同様のタッチセンス・スライダーで音色のリアルタイム可…っていう感じ。

RockOnのレポート動画

本体は、ウッドが使われていてかっこ良いなぁ、とかProphet 5からはじまり、Prophet ’08でもそうだった各セクションを角丸白線で囲むのを止めたのがちょっと残念かも…など、デザインに関しては言いたいコトも少しあったり。まぁ買えませんけど(笑)

参考リンク:

追記 2013年2月4日:
Prophet 12関連で検索して本ブログを訪れる方が多いようなので、YouTubeに上がっているDave Smithインタビュー動画から要点を書きだした別エントリ「DAVE SMITHが語るデジタル/アナログハイブリッドシンセ PROPHET 12について」をポストしました。そちらもよろしければ、参照ください。

One comment

  1. […] アクセス解析を見ると、多くの方が”Prophet 12″という単語で検索してNAMM 2013のProphet 12記事を目当てに、弱小の本ブログに来ているようだ。それだけ情報が少ないということかな。そこでYouTubeにはProphet 12開発者 Dave Smith氏のインタビュー動画などを紹介するほか、Prophet 12の特に出音に関係する部分を(なんとか)聴きとって、「超訳」してまとめてみた文章を掲載する。尚、インタビューアーとの話の関係で話題が前後することもあったから動画の時系列と、文章の順序は全然違うので、よろしく(汗) […]

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: