M-AudioのコンパクトMIDIキーボードKeyStation Mini 32が到着 #DTM

到着したミニ鍵盤のMIDIキーボード M-Audio KeyStation Mini 32

到着したミニ鍵盤のMIDIキーボード M-Audio KeyStation Mini 32

以前に注文していて、すっかり忘れていたM-Audio製のMIDIコントローラーKeyStation Mini 32…出荷のお知らせメールがきたとおもったら今日に手元に届いたので、記事を書くことに。

なんでも、M-Audioが今までのAVIDから、ALESISやAKAIブランド扱っているニューマークの扱いに変わったそうで、移行期の一時期は店舗などで入荷がなく、手にいれにくい状況が続いていたのだとか。まぁ現在はAmazonでも在庫などあるようで、手軽に入手できるようになったみたいだ。

さて、モノ自体について説明を。

良いところ:
• 32鍵という仕様が使いやすい
• 鍵盤のタッチもこのサイズにしては割と良い
• シンプルな外観が良い感じ
• iPadにも繋げられる (Camera Connectorが必要)
• ソフトを使わず、本体だけで各種設定ができる。

気になるところ:
• ベンダーやモジュレーションはおまけ
• 素材の質感はそれほど良いとまでは言えない

特にすでにレポされている方々も書いているとおり、32鍵というのが使いやすい。25鍵のキーボードは多いのだけど、微妙に足りないことが意外にあって、これが32鍵だと結構イケることが多かったりする。

ちなみに、同時に検討したのはKORG microKeys 37…こちらは37鍵と、さらにキーは多いし、ピッチベンドやモジュレーションホイールもちゃんとある。その分だけサイズも大きくなるので、持ち運びや机のスペースなどを考えると悩ましく、結局コンパクトなKeyStationの方にした。

数すくないコントロール部のボタン類。一番手前の3つのボタンのうち左右がピッチベンドボタン、真ん中がモジュレーションボタン。その他にセッティング変更ボタンやサスティーン、ボリュームなど最低限のモノは用意されている。

数すくないコントロール部のボタン類。一番手前の3つのボタンのうち左右がピッチベンドボタン、真ん中がモジュレーションボタン。その他にセッティング変更ボタンやサスティーン、ボリュームなど最低限のモノは用意されている。

僕の用途は主にデスク上での打ち込みでちょっと鍵盤が欲しい時に使うという利用方法。実はMIDIコントローラーとしてはLine6 Mobile Keys 49というモノも持っていて、ちゃんと弾く時にはこっちを使う。ただ、チョロっとコードを入れてその後にエディットというような時のために、もうちょっとコンパクトなモノが欲しかったこともある。そういう意味ではこの、サイズとキー数のバランスをスゴく気に入っている。

気になる点として指摘したピッチベンドやモジュレーションに関しては、僕の場合ホイールを使いまくる場合はLine6のキーボードの方を使えばいい…ということもあって、KeyStation mini 32のピッチベンドでも、まぁ良いだろうという気分になった。

キーボードに各種設定が割り振ってあり、EditモードでKeyStation Mini 32の設定を変更可能。

キーボードに各種設定が割り振ってあり、EditモードでKeyStation Mini 32の設定を変更可能。

ちなみに、各種設定はすべて本体だけで完結する。オクターブ単位のほか、キートランスポーズもできるので、弾きにくい曲はこれで対応することもできるね。そうした設定に対してスイッチ類は少ないけど、それをキーボードを組み合わせて賄うというやりかた…発想がいいね。

ただ、いざという時に使い方を忘れる危険性もあるので、配布されているPDFマニュアルをDropboxに放り込んでおき、GoodReaderなどで読む感じにすれば良いかも。(M-Audio 取扱説明書ダウンロードページ) このプロダクトに限らず、マニュアルはなるべくPDFで用意してもらえると、そういう対応ができるので、製品入手にPDFマニュアルがあるかどうかも、個人的にはチェックポイントになっていたりする。

リズムを入れる目的で入手したKORG nanoPAD2と。机の上ではこの2つを使ってこれから音楽を打ち込むことに。

リズムを入れる目的で入手したKORG nanoPAD2と。机の上ではこの2つを使ってこれから音楽を打ち込むことに。

なお、Amazonなどを検索するとKeyStation mini 32が並行輸入品として20,000円と高額で販売されていたりするのを目にするけど、これは冒頭に書いたように一時販売が途絶えていたためじゃないかな。現在は正規輸入品を7,000円くらいで購入できるので、特別な理由がないなら安い方を(笑)

尚、昨年まではM-Audio KeyStation Mini 32に譜面作成ソフト「Sibelius」がバンドルされていたようだけど、残念ながらコレは入っていない。代わりに説明書きで以下の引用ようなコトが記載され、Igniteソフトウエアが1月末以降提供される予定な感じ。(Igniteに関しては、ICON.jpの記事「A.I.R. Music Technologyの新しい音楽制作ソフトウェア、「Ignite」の機能とユーザー・インターフェース」を参照) 急いでいないなら、Igniteが利用可能になってから購入しても良いかもしれない。

『Avid / Igniteに関して』

パッケージに同梱されております、日本語のご案内用紙の内、
「Avid / Igniteソフトウエアのダウンロード&インストール用アクティベーション・キットが同梱」と記載がございますが、現在アクティベーション・キットは同梱されておりません。

「Avid / Ignite」ソフトウエアに関しましては、2013年1月末頃よりダウンロード提供が開始される予定となっております。入手方法につきましては、専用のダウンロードページにてKeyStation Mini 32本体に記載のシリアル番号を元に、必要事項を入力いただき入手いただけます。

個人的には譜面作成ソフトよりIgniteの方に興味があるから悪くなさそうな感じだけど、Sibelius目当てな人は要注意かも。

参考リンク:

Advertisements

2 comments

  1. […] 僕が詳細なレビューをするまでもなく、既に詳しい説明が書かれているブログがあるので、操作や録音に関しての詳しい話はそちらを参照→Steinberg Cubasis for iPadを使ってみた いきなりiPadのDAWな話になったのは、やはり先日M-Audio KeyStation Mini 32が手元に届いたせい。オーディオインターフェイスとしてDOCK端子でも接続できる(※注)TASCAM iU2を使っているのでその3つを持ち出せばどこででもモバイルで音を楽しめるのってステキ。ちなみにCubasisのサポート機器リストはTASCAM iU2のオーディオ入出力とMIDI入出力がちゃんと掲載されている。 […]

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: